読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キョウ夜中

 

22歳となり、

 

22歳なのに、

 

自分の人生の薄っぺらさに、なんだか泣けてくる。

 

僕は何をしてきたんだろう。

 

肩書きやお金を失った時に、そして生身の僕になった時、一体何が残っているんだろう。

 

今、自分の人生において1年暇をいただき、

こうして僕について俯瞰してみる。実際にはしようとしてみている、といったほうが正確だろうか。

 

思えば僕の人生は、ほとんど流されてきたのではないか。

 

学生団体の代表をやったり、聞こえはいいことをカメラの前で言ったり。

 

そんなことを考える弱さが自分にはある。

 

現在東北大学経済学部3年、さらにはコペンハーゲン大学文化人類学科に留学中という肩書きがあるが、

 

今ものすごく憧れているのは経営や文化人類学についてではない。

 

 

演技だったり、ダンスだったりするのだ。

 

僕は自分について話すのが苦手だ。

それはいつもええかっこしいで、これを言ったらベスト!ということを考えて喋っている気がするからだ。

 

長渕剛のmyselfで、「夢はなんですかと聞かれることがこの世で一番怖く思えた」という歌詞がある。まさしくだ。それが本当に怖い。

 

自分を出すのは嫌い、ただ何かを表現するのは好きだ。

 

演技は、自分というよりは他の人に、演じている時間だけ没入できる。つまりその間だけは、他の人になれる。ダンスは、まだよくわからん。やったら楽しそうだ。

 

でも、それが学びたいとは思うが、

僕の憧れている人は、そーゆーのを子供の頃から学んでいる人で、

 

それを考えると、22歳の俺って何なんやと思う。

 

比較的、人生において22歳は全然若い方なのだと思う。

 

そうだ、俺って若い。

 

悩むことはたくさんだ。

 

お金、今の一年、来年の一年、将来のこと。

 

僕は今22歳だ。

 

帰ったらあの学生団体のリーダーだったからこそ、また何かを期待されて、流されるままにすることになるかもしれない。

 

僕はもう、

自分についてそれらしいバックグラウンドを語ってそれらしいベストなことを語って一人になった時に自分には何もない感を味わうのはもう嫌だ。

 

ああ、なんでだ。

 

僕のインスタグラムは僕の写真ばかりで自己肯定感が強いはずなのに、

こんな夜はとっても自己嫌悪に苛まれる。

 

いたたまれねえ。

 

 

 

 

Masculinityを変えろ

デンマークにある、元ギャングや麻薬中毒者などの法を犯したバックグランドを持つ若者(18~35歳)の更生施設、「NEW START」。

 

このセメスターコペンハーゲン大学で受講している「The politics of masculinity and violence」に関連して、この施設が例として出てきた。

 

Masculinityとは。。。

いわゆる男らしさとかって意味なんかな。なんか訳しづらいけども。例えばゴリゴリのマッチョ、とか、ケンカ強いぜ!みたいな。ペニスもmasculinityにはいるらしい。

 

さて、この講義の内容はというと、社会に潜むmasculinityと暴力の関係を考察しながら社会に対する理解を深めていく的な?感じだと思われる。

 

例えば、スポーツというコンテクストにあるmasculinity。アメフトやラグビーで敵をぶっ飛ばす事ってスポーツ、ルールという枠組みの中では正当化されますよね。暴力は特定の枠組みの中では正当化されることがあるって、そういえばそうだなーって。これはmorally problematicな例。なんやねんそれって思いながらも、まあ道徳的に問題あるけど正当化されてる暴力についてエッセイを書いた僕でした。日本の体罰について。

 

そして次に迫っているエッセイのテーマは、文化である。文化によって形成されたmasculinityってこと。つまり男物のファッション雑誌とか戦争映画によって男らしさってこーゆーもんだよね、って投げかける的な。

 

何書こうかしら。

 

 

さて、今日の授業の話に戻ります。new start。なんとボクシングを用いて若者の更生を達成する施設。日本でもよくあるのではないかと。。。調べてないから適当なこと言えないけども。

 

今日のゲストティーチャーはオーフス大学のトーマスさん。彼がこの施設でフィールドトリップを行い、若者の更生にはmasculinityの再定義が行われているのではないかと考察。つまり、過去の罪を犯している彼らにとって、「危険」であることやストリートにたむろして「悪いことをする」ことがmasculinityだった。

 

しかし、ボクシングを通じて、ルールを知り成熟すること。そして自分のトレーニングだけでなく後輩のトレーニングにもコーチなどとして関わっていくことで責任も深く学んでいく。

 

つまりボクシングを通して、成熟した責任ある男としてのmasculinityを学んでいくのだ。これこそ、masculinityの変遷。時代によるチェンジと年齢によるmasculinityのチェンジもあるので、一概にこれがいいとは言えないが。

 

何にせよ、このコースの様々な例を見ると、masculinityが脅かされることで犯罪を犯すケースが取り上げられている。

 

近代化が進み、女性の社会進出が進むことで、今までは男の仕事とみなされていた家族におけるプロバイダーとしての役割が霞んできた。経済格差も生まれ、何もすることがない男は家にいる。するとプロバイダーとしてのmasculinityが失われていく。masculinityを保つために、暴力を用いて男と女の優劣を力で示す。それがレイプやドメスティックバイオレンスを生む。

 

つまり時代や環境の変化共にmasculinityの定義を変えていかなくてはならない。そして変わっているということを理解しなければならない。

 

ボクシングは一見暴力???に思えるかもしれないが、実は背後にそのような要因があるのかもしれぬ。

 

って考え。

 

 

レイシズムとは

忘れないでおきたい。

 

レイシズムとは。

 

秋休みを利用して、スウェーデンとフィンランド、そしてバルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)に行ってきた。

 

そこで僕は初めて、「レイシスト」に出会った。

 

ナイトクラブに行った夜、メインゲートで人を待っていると、どうやら地元民だろうか、同い年くらいのお兄ちゃんたちが集まって話していた。

 

そのうちの一人と目が合い、ラトビア人、地元の人と話してみたかった思いきって声をかけてみた。少しよそよそしさもあったが気軽に話しかけてくれた男の子。そしてもう一人会話に加わり、なんだか楽しくなりそうだと思っていた。

 

しかしそこで、もう一人のキャップをかぶった男のが話に入ってきた。

キャップ"Oh, are you Chinese??"

 

僕"No, I am from Japan!!"

 

キャップ”skycavkjsbefjcbiuhwaefuhekaskcnasnackhaiuhv!!!!!!!!!!!!"(ラトビア語?)

 

僕"・・・・???"

 

キャップが僕を勢いよく突き飛ばした。

 

僕"・・・???"(何が起こったか理解できないでいる。)

 

ファ???????????????

何が起こってるんや??ん??なんやこれ???

 

・・・理解できないで戸惑っているところに二回目。Repeat after him??

 

キャップ"kushdvkbsdlhvliuwehirvhlashvn;csjcwq;ocn;u!!!!!!!!(多分ラトビア語?)

 

キャップが僕を勢いよく突き飛ばした。

他の二人がキャップにやめるように促して、僕は何が起こったかをようやく理解し、その場を去った。

 

「え、あれってレイシストじゃね?????」

 

多分今まで生きててどっかにはあったのだろうが自分がこれほどまでに直接的に経験したことは初めてだった。何というか、一気に悲しくなった。コンビニで人を待っていると僕の顔を覗き込んでくるおっさんとか、クラブの中で僕の前に立ちふさがってくるおっさんとか。それ以来少し人と顔を合わせたくなくなった。

 

何だか、え、対人恐怖症???????????

 

 

旅行に一緒に行っていた香港の友達にこのことを話すと、「いやでも俺らは屈しちゃいけないんだ。自信を持ってないといけない。誰だってそういう経験はある。俺だってポーランド行った時白人ならすぐに通れる検問アジア人っていう見た目だけで通れなかったもん。」という。

 

さらに「道歩いてるだけでニーハオとか言ってくるやつらもレイシストだと思うよ。いやだって見た目だけで判断してるやん。俺の何を知ってっるちゅうねん。」

 

ここでタイミング悪くラトビア人の女性に、

"Are you Japanese?? Konichiwa~"

 

と声をかけられました。

 

香港の友達"Bye, bitch!!!"

と言って颯爽と去る。

 

ファ???????まだレイシストと決まったわけやないやないか!!

 

 

 

デンマークに帰ってからこの話を居候させてもらってるエミールにしたところ。。。

 

 

エミール「いやまあとりあえず東欧諸国は賃金が安いんすよ。一時間働いたところで時給400円とかだからね。しかもチップとかもらえない限りタダ働きみたいなもんだし。そーゆー面でバンバン金ばっか使うアジア人、特に中国の人は恨みを買ってるかもね。」

 

なる、経済的な要因は考えてなかった、、、教育の問題だけなのかと思ってた。。。。

 

エミール「いやまあとりあえず道歩いててニーハオっていうのは好奇心やないの?もしくは自分が相手の文化を知ってますよってこと示したいからじゃね?だって俺だって日本にいた時道行く人にハローとか言われたけどなんで見た目だけで俺が英語話せるって判断するねん!!!!レイシスト!!!って思わなかったけどね。なんでデンマーク語で話しかけてこないねん!レイシスト!!!っても思わなかったけどね。」

 

エミール「正直白人とレイシストってすぐにつなげてくる人多いんよ。それにレイシズムについて理解してない。レイシズムっていうのは自分の人種が他人より優れてるって思って排外的なことをするヒトラーみたいなやつらのことを言うんよ。なのに誤用されまくり。かなわんわ。」

 

 

確かにこのことについては僕も全く理解していなかったと反省せざるをえない。レイシズムとは、人種差別主義などと訳されやすいが実は民族などに対する差別も入っている。

 

この前、アジア人の学生がアフリカでボランティアをしていて、その子供たちと撮った写真を見た。アフリカの子供たちは、「この男の人なんでこんなに目細いの〜」と言わんばかりに両目の端を両手で引き伸ばしてポーズをしている。

 

「この子たちはレイシストだ!!!!!!!!!!!!」

 

ではなく、

 

「これは好奇心だ!!!!!!!!!」

 

と理解する。

 

 

Burning cigarette and countryside in Denmark

 

金曜日はエミールの家の近くでサッカーを。

コペンハーゲン大学は学部にそれぞれサッカークラブがあるようで、、、楽しみでやってるみたいだったけどとっても激しかったなー。なんか、めちゃくちゃうまいというわけではないけど、動きが堅実。こういうのにも確実に国民性が出てそうだな、と。

 

そのあとサッカー仲間とともにビールを飲んでまたもや幸せについて話した。なんでデンマーク人は幸せなのか。ここで面白いと思ったのは学んでる学問によって幸せの定義やアプローチが全く違うということだ。だって使ってる言葉が違うからな〜

 

ほんでSNUSを試す。

Burning!!!最強に気持ち悪くなってすぐ帰りました。

 

その日はリバプール対チェルシー。エミールも言ってたけどどっちも残り1分並みに動いててとっても充実試合だったなー

 

そんじゃ

コペンコペン日記

 

みなさんこんにちは。

 

初の投稿ですが、コペンハーゲンに10か月留学中のモリゾーがお届けします。

 

きてから2週間たち、忘れたくないことが何個もありまして、ここで今ブログに書き起こしておこうと思い、この気持ちをしたためているところであります。

 

 

まず色いろいろあってくる前に大学の寮に入ることを諦めた僕は、コペンハーゲンについてから家を探すことを決意。ウェブで探していると、コペンハーゲンでの部屋探しは難しい、特に8、9月は留学生の引っ越しシーズンと重なって最悪。詐欺多いよ、みたいな情報がたくさん入ってきておりました。

 

コペンハーゲンに立ってから、2週間経ちましたが、今の所部屋は見つかっておりません。しかしおそらく詐欺物件2件には出会いました。どっちもシティ中心部でとっても安かったためメールをして部屋を見せてくれと言ったところ、いま仕事の関係でイギリスにいるから、アメリカにいるから、と二件とも家主がなんと国外に。調べてみると詐欺のパターンに大方一致。払わなくてよかったけどよくもまあ当たるもんです。

 

大学が紹介してくれていたサイトだったのですから!!!!

 

 

え、その間はどこで暮らしてかって?

 

 

Sleep in heavenという比較的安いホステルで、毎日7人のルーミーと暮らしてました。つまり一つの部屋にダブルベットが4つあって2、3日に一回入れ替わるVisitorと一緒に寝泊まりをしていたわけですが。なんとこのホステル、キッチンがなく、物価の高いコペンハーゲンでは自炊しないと破産ものです。

 

なので最初の2,3日は一食バナナ一本。

 

案の定ぶっ倒れそうになりました途中で。

 

だってここ使えるのお湯だけなのです。

冷蔵庫も電子レンジも使えないので、どうやって節約しましょうか。考えた結果、近所の激安スーパーでパンとブルーベリージャムを買い、毎日2枚ずつ食べるということに。ひもじかったなー〜〜。

 

でも毎回受付の人、つたない英語でお湯いただけますかっていうとすんげー笑顔で返してくれるから、、、、可愛かったぁ、。。。。

 

とりあえず今は2週間経ちましたので友達の家にいます。

書きたいことたくさんあって、今度言います。

いや明日からは

その日のことを書きます。

 

書くこと無くなったら書きます。

 

明日は初めてデンマークの方々とサッカー。

楽しみや。

スパイク買おうかな。

 

ばいちゃ